クリーニングの流れ

スーツなどの場合(ドライクリーニング)

スーツなどの場合(ドライクリーニング)の流れ

流れの説明

受付
受付
お客様からのクリーニング品をお預かりします。
初めてのお客様には、
・お名前
・ご住所(割引DMの発送のため)
・お電話番号(破れ、変色などの確認のため)
・お誕生日の日付をお伺いします。

前点検(受付) タック付け
前点検(受付) タック付け

お預かりしたクリーニング品を点検し、
「染み」はないか
「ほつれ、破れ」はないか
「家庭用品品質表示」はどうなっているかをチェックします。

ここで見つけた破れなどはお電話でお客様の確認を取らせて頂きます。

前検品(工房担当者)
前検品(工房担当者)
工房の担当者がタックを確認しながら再度しっかりクリーニング品を検品します。
ここでも再び、
「染み」はないか→必要であればこの時点でシミヌキします。
「家庭用品品質表示」をチェックして、衣類にあったクリーニングをするために仕分けします。
ドライクリーニング 二度洗い 脱液
ドライクリーニング 二度洗い 脱液
スーツの場合はドライクリーニングを行います。 しっかり汚れが落ちるように「予洗い」「本洗い」の2度洗いをします。
またデリケートなものはネットニ入れてドライクリーニングします。
静止乾燥
静止乾燥

静止乾燥とは正しく写真のように衣類をハンガーに掛けた状態で乾燥させます。こうすることによって、「縮み」「型崩れ」「風合い変化」「ボタン割れ」と いったダメージを回避させることが出来ます。
ドライ溶剤を回収してリユースし、大気中にCO2を放出していないので環境にも衣類にもやさしい機械です。(本店のみ)

人体で形成
人体で形成
人体型プレスにスーツを着せ、 内側から蒸気を当ててシワを取り、形を整えます。 内側から蒸気を当てることで上着本来のシルエットを蘇らせます。
ハンドアイロン
ハンドアイロン
トラヤでは1点1点、ハンドアイロンを使って丁寧にシワを取り、形を整えます。写真のように必要なものは裏地から丁寧に仕上げていきます。
後検品(工房担当者)
後検品(工房担当者)
クリーニングが 終わった商品を、工房の担当者がタックを確認しながら染み、汚れは落ちているか、2重線はないかどうかなど細かくチェックします。  染みがあれば染み抜きし、通常のシミ抜きで落ちない場合は  特殊染み抜きにまわします。
染み抜き・特殊染み抜き
染み抜き・特殊染み抜き
染み抜きの溶剤、機材を使って専門スタッフが染み抜きをします。   
クリーニングトラヤでは、少なくとも4〜6種のシミヌキをしますので、余程古いシミ以外はほとんど落とすことが出来ます。
包装・仕分け
包装・仕分け

お客様ごとに間違いがないように包装していきます。

・包装が不要な方
・まとめての包装をご希望の方は、
予め受付時にお申し出願います。

保管
クリーニング品保管

保管のご依頼がある場合は、クリーニング品を専用の保管庫で次のシーズンまで安全に保管します。

門真本店保管サービス
枚方東香里店保管サービス

引渡
引渡

出来上がったクリーニング品をお渡しします。

仕上り日の当日または翌日にお引取りの場合は1店に付き1枚10円券を差し上げます。

プライバシーポリシーリンク集お問合せ
ホームページ制作 大阪・兵庫|ネットショップ作成・システム製作・SEO・Webコンサルティング